思いがけないプレゼント

私は、震災を経験しました。
震災の時は、スーパーへ行ってもドラッグストアへ行っても、
食料がなにもなく、とても大変でした。

震災直後から、いろんな友達が私の安否を心配してくれて、
何度も電話をしてくれました。
ある友達が、

「食べ物ある?送ってもまだ、運送会社は動いてないかな?」

と言ってくれたので、

「なんとかお米は買ってあったから大丈夫。」

と話し、今の状況やこれからどうしたらいいのかなど、
不安な気持ちを癒してくれました。

数日後、運送会社も動きだし、「ピンポーン」と音がしたので、
玄関へ行くと、その友達からの贈り物でした。

「もう、いいのに~。」と言いながら箱を開けてみると、
そこには、友達からのプレゼントと友達の友達数人からのプレゼントも入っていました。

どれもメッセージとお菓子が入っており、

「お菓子を食べてほっと一息ついてね。」
「なにかしたいと思っていたの。まだまだ大変だと思うけど、ひとりじゃなからね。」

など、どのメッセージも心がこもっていて、涙が止まりませんでした。

友達にも、友達の友達にも、本当に感謝です。
一生、忘れないとても大事なプレゼントをもらえました。