10年ぶりにもらったクリスマスプレゼント

結婚して15年ほど、普通に仲の良い夫婦ですが、
夫からはここ10年以上クリスマスプレゼントをもらっていませんでした。

夫がけちとか意地悪なわけではなく、子どもが次々と産まれ、経済的にそんなに余裕もないことと、
特に欲しいものがなかったので、毎年断っていたからです。

何年か断り続けると、夫も何も買ってこなくなり、それに対して特に不満はありませんでした。

夫や子どもには必要なもの、主に着るものやお菓子などをプレゼントしていたのですが、自分のプレゼントはずっとなしでした。

それが、今年のクリスマスの朝、いつもは大きな靴下が4つ置いてあるリビングに、
もう一つ、小さな赤い靴下がありました。
サプライズって嬉しいものですね。

中に入っていたのは、若い頃大好きだったわちふぃーるどの絵が描かれた長財布。
10年以上同じ財布を使っていたのを気遣って、夫が買ってくれたのです。
財布は牛革で、子猫のダヤンが森にいる絵がとてもきれいに描かれています。
主婦に嬉しいポケットもたくさんあって、すごく使いやすそう。

でも、財布そのものよりも、古い財布をずっと使っていたことに気づいてくれた
夫の気持ちが嬉しい、そんなプレゼントでした。